お客様ご相談事例④

2020/04/30

①離婚後の住宅ローン
                神奈川県横浜市鶴見区
 Kさま
 

横浜市鶴見区のK様は奥様の不貞が原因で、
3年前に離婚が成立しました。

その際にお子様と前妻の居住を確保するため、
共有名義マンションの住宅ローンは、
毎月返済していく離婚協議公正証書を作成しました。

ところが飲食業の経営者でもあるK様は、
この度のコロナ禍の影響で、
前妻とお子様がお住まいになられている、
共有名義マンションの
住宅ローン返済が困難になり、
ワケあり物件買取センターに
リースバックでのご相談を頂きました。

現在、協力業者の仲介会社にて前妻と交渉し、
K様の持分譲渡でのリファイナンスか
リースバックにて調整を行なっております。

コロナ禍の影響で住宅ローンの支払いが困難な際には、
金融機関も返済猶予等の相談に柔軟の対応を示して頂けます。
滞納される前に、借入先の銀行窓口へのご相談をお勧め致します。
一日も早くコロナ禍が終息することを願います。

どこよりも高く買い取ります!

他社で断られた場合でも
お尋ねください!!

1円でも高くなる場合は
お気軽にお申し出ください。

日本全国どこでも対応致します。

独自開発の社内査定
システムにより、迅速かつ
適正な価格で
査定いたします。

ご相談フォームはこちら(24時間受付)

Menu